オーストラリアのお酒に関する規制

オーストラリアのお酒に関する規制

日本でお酒を飲もうと思えばコンビニやスーパーで簡単に手に入れることができ、

週末になれば仕事帰りの泥酔した会社員を見かけることもしばしば(笑)。

ですがオーストラリアに来てみると、街中で泥酔して寝ているような人を

ほとんど見ません!

というのも、実はオーストラリアは飲酒に関してとても厳しい国なのです!

 

私の中では、オーストラリア人というと体格も大きく

お酒も浴びるように飲むイメージで、かつ楽観的な国柄から

もっとお酒に対して寛容かと思ったら大間違い!

 

意外と、お酒に関する規制が多くあります。

 

そのため、今回は留学やワーホリで滞在中に安全に

お酒を楽しむために知っておくべきことについてお話ししたいと思います。

 

■身分証の提示が必要

・お酒購入時

オーストラリアの法律では18歳以上は飲酒が認められていますが、

ライセンスを持ったお酒屋さん(ボトルショップ/リカーショップ)でしか購入することができません。

ボトルショップでお酒を購入する際も、店員さんの判断で25歳以下に見えると判断されると年齢を確認することがお店側に義務付けられているため、身分証の提示を求められます。また、22時以降のお酒の販売は禁止されています。

 

・パブへの入店時

入店する時のセキュリティチェックは厳しく、ここでも必ず身分証明書の提示が求められます酔っている様子があると入店拒否されることもあります。また、飲酒の末に店内で寝てしまうと、男女関係なく追い出されてしまいます。私の友人は酔ってお酒の入ったグラスを割ってしまい、お店から出されてしまったことがあります

 

*オーストラリアはお酒を飲むのにも買うのにも(クラブの入店時にも)

身分証の提示が必要なので、パスポートを持ち歩くことが不安という方は

Photo Cardの取得をオススメします!

NSW州の公共手続きを管轄するService NSWで申込みができ、

料金は5年間有効なPhoto Cardが$52です。

 

■公共の場での飲酒が禁止

オーストラリアでは公園やビーチなどの公共の場における飲酒が禁止されています。そのため、飲酒が禁止されている場所には「alcohol-free zone」とアルコール禁止エリアの表示があり、外で飲酒する際は特別な許可が下りている場所以外での飲酒はできません。

また、路上や公園などの公共エリアで酩酊状態となることを禁止としており、泥酔して街を歩いている姿を警察に見つかると罰金が科せられることがあるので注意が必要です!

 

■お酒を扱うライセンスが必要

お酒を取り扱うお店で働く場合は、直接お酒に触れるポジションでなくてもRSA(酒類取扱い資格)を取得する必要があります。RSAを取得せずにアルコール販売を行った場合、法律違反となり、本人と雇用主の両方に罰金が課されるので、ジャパニーズレストランなどでウェイトレスやキッチンのアルバイトスタッフとして働く場合もライセンスの取得は必須です。またRSAは州ごとに発行されるものなので、シドニーのあるNSWで取得したRSAは他の州では使えません。

 

■更に厳しい規制が!

2012年6月に当時18歳の少年が、シドニー随一の繁華街キングスクロスで、当時19歳の酔っ払った若者から突然 「ワン・パンチ」を浴び、打ち所が悪く2日後に 死亡するという事件がありました。2013年の大晦 日にも同様の事件で18歳の少年が亡くなっています。このような痛ましい事件が引き金となり、 NSW州政府は2014年に新たに以下のようなアルコールに関する規制を設けました。(「クレア海外通信」自治体国際化フォーラムJul.2014

 

・シドニー中心部でのパブや会員制クラブなどに おける午前1時30分以降の入店および午前3時 以降のアルコール提供の禁止(ただし、定員60 人未満の小規模な店舗やレストラン、観光客宿 泊施設は除く)。

NSW州全域でのアルコール販売店における午 後10時以降のアルコール販売の禁止。

 ・新規のアルコール取扱許可発行を2年間凍結。

 

 

■お酒を楽しむには

話しだけ聞くと、オーストラリア人はお酒に対して萎縮しているように聞こえてしまう

かもしれませんが、週末には各地でフェスティバルやイベントが開催され、

音楽を聴きながらお酒を楽しむことができますし、

街を歩けば雰囲気があるパブやレストランもたくさんあります。

1920年代、アメリカでの禁酒令の影響を受けて、

オーストラリアでも「夜遅くにお客にお酒を出して良いのはホテルだけ」などという

更に厳格なルール規制があり、多くのバーは「ホテル」という看板を出し営業を続けました。

そのため、現在でも街の至る所で禁酒令時代の名残りを感じられる

パブを見つけることができます。

もし「ホテル」という看板があっても安心して入店して大丈夫です!

本当にホテルの場合があるかもしれませんが(笑)

スポーツ観戦しながらお酒を楽しめるお店や

音楽ライブを定期的に行っているお店

こだわりのカクテルを出すお店など

それぞれに特徴があるので、是非自分のお気に入りのパブを見つけてみてください。

 

オーストラリアで滞在中は賢く!楽しく!お酒を楽しんでください!

voicec02
この記事を書いた人
ワーキングホリデーでシドニーに滞在中のRieです。大学卒業後、学生時代にルームシェアをしていた留学生の影響もあり、「自分の可能性を広げたい」と、日本での就職を辞め、オーストラリアに来ました。文化も言葉も違う人との出会いは刺激的で、自分の中でかけがえのないものとなっています。
実体験を踏まえながら、皆さんに有益な情報を届けられたらと思います!

The following two tabs change content below.
山本 尚子

山本 尚子

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ