オーストラリアの建国記念日を祝う人と祝わない人がいる理由

オーストラリアの建国記念日を祝う人と祝わない人がいる理由

こんにちは!O.Hです。 

今日はタイトルの通り、オーストラリアの建国記念日についてお話をしてみたいと思います。

みなさん、オーストラリアにも日本の建国記念日と似たような祝日があるのはご存知でしょうか。オーストラリアに来たことがない人や来たばかりの人は、おそらく知らない方が多いのではないかと思います。今日はオーストラリアでいわゆる建国記念日のような位置づけでお祝いされている日について、見ていきたいと思います。

 

まず初めに余談として、日本の建国記念日はみなさんご存知かと思います。2月11日ですね。とはいえ日本では、建国記念日だから何か特別なことをするというのはあまりないので、意識しない人が多いかもしれません。

この建国記念日というのは、実際に日本が建国された日ではなく、建国日が明確でないため、後付けで定められた「建国を祝うための日」です。

2月11日というのは、建国神話をもとに、初代天皇とされる神武天皇の即位日である紀元前660年1月1日を、明治期に入って新暦に換算した日です。「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、1966(昭和41)年に定められました。

 

そしてこちらオーストラリアにも、これと似たような国民の祝日があります。

それが「オーストラリアデー」と呼ばれる日です。日付は1月26日。この日は、「オーストラリア人であることを祝う日」とされています。当日はオーストラリア各地でいろんなイベントが催され、多くの人々が集まり、街が賑わいます。

この写真は前回(今年)のオーストラリアデーの日に、実際に私が撮影したオペラハウス周辺の様子です。オペラハウスの階段前はすべて人で埋め尽くされています。すごい数の人で本当にビックリしました。 

当日は、オーストラリアの国旗を身にまとっている人や、体にオーストラリアの国旗模様のペイントをしている人など、「オーストラリア」をファッションに取り入れている人が大勢いました。

会場では、食べ物や飲み物の露店はもちろんのこと、歌とダンスのライブや、トークショー、展示物など様々な催しものを多くの人が楽しんでいました。

 

ところで、この「オーストラリアデー」とは、何をもって定められた日なのか。これは今回のタイトルにつながる、とても大切な問いです。ここからは、この問いについて少し触れていきたいと思います。

 

実は1788年の1月26日、イギリスからの船が初めてオーストラリア、シドニー湾に上陸し、もともと先住民が生活していた土地にイギリス国旗を掲げました。

つまり、この日はオーストラリアの「植民地化」が始まった日ということになります。

この1月26日から「新しいオーストラリア」が始まったということで、記念日としてオーストラリア誕生を祝っているのです。この日以降、白人の移民は増え続け、今のオーストラリアに至るわけです。

 

では、もともとは誰がオーストラリアに住んでいたのか。それは、「アボリジニ」という民族です。アボリジニは5~6万年前からオーストラリアの地で暮らしていた先住民です。アボリジニは後からやってきた白人たちによって土地や食料を奪われ、迫害され、多くの人が殺害されました。

現在アボリジニの人口は90%以上減少し、オーストラリア人口の3%程度となっています。シドニーやメルボルンなどの大都会の中心部ではあまり頻繁に見かけることはありませんが、ケアンズやパースではよくアボリジニを見かけました。

 

そんなアボリジニにとって1月26日というのは、まさに「奪われた日」。この日が「オーストラリアデー」として祝われるのを快く思わないのは当然です。個人的にも1月26日をオーストラリアデーとすることに強い疑問を感じます。

 

実際に先住民族のグループは、オーストラリアデーの日付を「すべての国民が祝える日」に変更すべきと主張しており、先住民の子孫以外にも、オーストラリアデーの日付変更に賛成している人は多数います。また最近では、地方自治体からも日付変更を支持する声があがっています。

現状では1月26日がオーストラリアデーのままとなっていますが、少しずつ、新しい日付を模索する動きも進んでいます。

 

オーストラリアデー当日にこの日を祝っている国民たちは、一体どのような想いで祝っているのでしょうか。個人的には、特に深い意味や感情はなく、ただ単純にオーストラリア人であることを喜んだり、家族と友人と楽しい時間を過ごしたり、この日を一つのお祭りとして楽しんでいるだけのように見えました。

 

多くの移民から成り立っている多文化国家のオーストラリア。 オーストラリアは人種差別も少なく、異文化に対しての理解もあり、他者に寛容だというイメージがありました。しかし、このように先住民にとっての「侵略の日」を「オーストラリアデー」として国全体で祝っているのを目の当たりにしてみて、今もなお白豪主義(白人最優先主義)、人種差別が残っているんだということを意識させられました。

 

このことを通して、いろいろと考えさせられるきっかけになりました。

みなさんがもしオーストラリア人だったら1月26日のオーストラリアデーをどのように迎えますか?なかなか当事者ではないため、イメージすることが難しいかもしれませんが、オーストラリアに住んでいる人は、この国の歴史や立場について考えてみるいい機会かもしれません。

(左:アボリジニの旗、右:オーストラリア国旗)

voicec02この記事を書いた人

オーストラリア滞在中のO.Hです!大学卒業後、約3年間の社会人経験を経て2016年に海外渡航。フィリピンへ3ヶ月留学した後、ワーキングホリデービザで渡豪。現在は学生ビザで滞在中。趣味は海外旅行で旅した国は約20ヵ国。自身の海外生活を通して感じたことや得た知識をもとに、実際に体験しないとわからないような、読者のためになる情報をどんどん発信していきたいと思います!

The following two tabs change content below.
山本 尚子

山本 尚子

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ