オーストラリアでの仕事の始め方

オーストラリアでの仕事の始め方

こんにちは!O.Hです。 

今日は、ワーキングホリデーや留学を目的にオーストラリアに来ている日本人の仕事事情について触れていきたいと思います。

日本から海外にくるワーキングホリデーや学生の方は、オーストラリアで一体どんな仕事に就けるのか、ワクワクした期待感を抱く反面、きちんと自分でお金を稼いで生活をしていくことができるのだろうか、と不安に思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、オーストラリアでの労働条件、働く上で準備が必要なもの、そしてどのように仕事を探せばよいのかについてお話していきたいと思います。

 

まずは、必ず知っておかなければならないワーキングホリデービザと学生ビザの「労働条件」について見ていきましょう。

オーストラリアでワーキングホリデービザを保有する人は、勤務時間に関しては、特に制限なしで働くことが可能です。しかし、同一雇用主のもとで働けるのが「6ヶ月まで」と法律で決まっています。つまり、どこかのレストランで働いていたとしても、6ヶ月が経つタイミングでそのお店を辞めて次を探さなければいけません。ワーキングホリデービザは、就労だけでなく「ホリデー」という要素も入っているので、制限された就労ルールにきちんと従って、その中で仕事を探す必要があります。

※ただし実際には合法賃金(約18ドル ※州により多少前後します)で雇っていないお店も多く、6ヶ月を超えても同じ雇用主のもとで働いているケースがあるのも事実です。違法賃金、現金でのやりとりのため、正式に雇っている証拠が残らないためです。

 

学生ビザの場合は、ワーキングホリデービザのように、同一雇用主のもとでの就労制限はありません。ただし、あくまでも「学生」、勉強が第一の目的のビザのため、労働時間に制限があります。現在のルールでは、2週間の合計労働時間の条件が40時間までとなっています。(学校がホリデーの期間はこの制限は無くなり、無制限で働くことができます。)

 

次に、オーストラリアで働く上で事前に準備しなければいけないものをご説明します。

まずひとつめが、「銀行口座」です。お給料をもらうときにオーストラリアの銀行口座が必要になります。銀行口座を持っていないとなにかと不便なので、渡豪してすぐに開設することをおすすめします。(オーストラリアの主要銀行:ANZABWestpacCommonwealth

 

銀行口座と合わせて必要になってくるものが、タックスファイルナンバー(Tax File Number)です。(略してTFNと表記されている場合もあります。) オーストラリアの税務局が発行する納税者番号のことです。

賃金をもらうとき通常タックス(税金)が引かれて支払われるのですが、タックスファイルナンバーを取らずに労働した場合、所得に対して最高税率が課せられます。従って、働く予定がある方は必ず申請をしておきましょう。このタックスファイルナンバーを持っていることで、年に一度、タックスリターンという申請手続きができます。この手続きで、もし払いすぎているタックスがあれば返金されます。

 

銀行口座とタックスファイルナンバーの手配をしたら、仕事に応募するうえで必要になる「レジュメ(履歴書)」の準備もしましょう。

日本では、レジュメを手書きで書く場合もありますが、オーストラリアでは手書きではなくパソコンで作成するのが一般的です。書式は特に細かくは決まっておらず、それぞれ自分のスタイルで書いて問題ありませんが、基本的に自分の名前、連絡先、ビザの種類と期限、職歴、スキル、などの情報は入れましょう。オーストラリアでは、顔写真や性別の情報は必須ではなく、入れない人が多いです。

 

それでは、実際にどのようにして仕事に応募すればよいのでしょうか。

最も主流な仕事の探し方は、やはり「インターネット」を利用することです。ネット上で仕事の求人を出しているところに対して連絡を取るのが手っ取り早く、効果的です。そこで、オーストラリアでよく使われている仕事を探すためのウェブサイトをいくつかご紹介します。

Gumtree https://www.gumtree.com.au/ (英語)

Seek https://www.seek.com.au/ (英語)

JAMS https://www.jams.tv/ (日本語)

NichigoPress http://nichigopress.jp/ (日本語)

 

GumtreeとSeekは現地のオーストラリア人も使っているウェブサイトになるので情報量はかなり多いですが、その分やはり競争率も激しくなります。オーストラリア人、そして他の国からきた人も同じウェブサイトを見て仕事を探しているので、日本人が仕事をゲットするのは簡単ではなく、連絡をしても返事がないということも多々あります。しかし、タイミングがよければ、当然これらのサイトを通じてローカルの仕事を見つけることも可能ですので、ぜひ求人は頻繁にチェックしてみてください。

 

JAMSとNichigoPressは日本人が運営する日系サイトです。こちらは求人を出しているのも求人を見ているのも当然ほぼ日本人ですので、日本食レストランを筆頭に、日系の企業などの求人情報を得ることができます。掲載されている連絡先に連絡をすると、高確率で返事をもらえます。オーストラリアへ来て間もない人や、英語に自信がない人は積極的にこちらのサイトを利用してみてください。中には、日本人の働き手を探しているオーストラリア人や他国籍の方の投稿もあります。

 

インターネット以外で効果的な職探しの方法は、「レジュメを配り歩くこと」です。日本では飛び込みでお店に入って、レジュメを配ることはほとんどありませんが、オーストラリアでは珍しいことではありません。たまたま運良く人を募集していて採用に至ることもよくあります。特にローカルのお店では、直接自分の足でお店まで出向いて、仕事をゲットする方法が近道かもしれません。

 

またそのほかの方法としては、自分の人脈を使って友人経由で仕事を手に入れる、もしくは留学エージェントや語学学校が斡旋、紹介をしてくれる場合もあります。周囲のいろんなものを活用して情報を探ってみるのも大事です。

このように今回は、オーストラリアで仕事をする上で知っておかなければならないこと、そして仕事の探し方について書いてみました。慣れない海外での就労は不安も多いと思いますが、その分新しい出会いや経験が待っています。ぜひ、みなさん前向きに仕事探しに取り組んでみてくださいね。

voicec02この記事書いた人
オーストラリア滞在中のO.Hです!大学卒業後、約3年間の社会人経験を経て2016年に海外渡航。フィリピンへ3ヶ月留学した後、ワーキングホリデービザで渡豪。現在は学生ビザで滞在中。趣味は海外旅行で旅した国は約20ヵ国。自身の海外生活を通して感じたことや得た知識をもとに、実際に体験しないとわからないような、読者のためになる情報をどんどん発信していきたいと思います!

The following two tabs change content below.
山本 尚子

山本 尚子

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ