どの学校も同じ!? オーストラリアの語学学校選びのポイント

useful-info_3094

どの学校も同じ!? オーストラリアの語学学校選びのポイント

useful-info_3094

こんにちは。たかです。 オーストラリアへの留学やワーキングホリデーをするときに、ほとんどの方が英語力向上を目的に語学学校を検討しています。 当社は実際にオーストラリアに来ていただいてから学校を選ぶ方法をオススメしていますが、とはいえ日本にいるうちに学校を決めたい人もいるはず。

_

参考:【語学学校の選び方】留学先の現地で決めることをおすすめします!

_

そうなると、どのように語学学校を選んだらいいのか、なかなか選び方が難しいもの。立地や日本人比率、授業料など、さまざまな判断基準がある中で、どのようなポイントに着目して学校を選べばいいのでしょうか?

_

_

_

日本人比率が低くても、下のクラスには高確率で日本人がいる

「せっかくなら日本比率が少ない学校に行きたい」 こう考える方は多いですが、あなたの英語力が低い場合、残念ながら「クラスに日本人がいない」ということは、まずありません。 語学学校は英語を学ぶための学校です。英語のレベルによって初級から上級までクラス分けがされますが、英語力が低ければ、当然下のレベルのクラスに振り分けられます。 下のクラスにはどんな人がいるかというと、普段英語を使う機会がなく、アルファベットに慣れていない国の人。つまりは日本人や韓国人、アジア圏の人です。 つまり、たとえ日本人比率が低い語学学校に行ったとしても、英語力が低ければ、クラスには高確率で日本人がいるというわけです。

_

_

_

語学学校はどこも同じ。通ったから英語が伸びるわけじゃない

付け加えると、英語をほとんど話せない人が外国人と一緒にいたからといって、英語が上達するわけではありません。英語というのは使った分だけ、自分に返ってくると言われます。その言葉通りで、どんな環境にあっても自分自身のアウトプットが一番大切なんです。 ホームページやパンフレットで紹介されている先生がよさそうだったとしても、その先生が担当するクラスに入れるとは限りません。 留学大国オーストラリアにはたくさんの語学学校があり、どの学校も生き残るために、授業やサービス面での努力をしています。TOEICなどの資格に特化した学校でない普通の語学学校であれば、授業のコマ数やサポートもほぼ変わりません。 今まで多くの学校に直接足を運び、授業見学、担当者とのやり取りをしてきましたが、自分の学校を悪く言う人に出会ったことはありません。商品である学校を悪く言うわけはないので当然ではあるものの、つまりは彼らの言う通りの良い学校であるという保証もまたないんです。

_

もっと言ってしまうと、もし語学学校に通う目的が「英語で言いたいことを言えるようになりたい」なのであれば、どの学校も「英語力を上げるための学校」ですから、どれを選んでも大差ありません。 さらに元も子もないことを言ってしまうと、語学学校に行ったからと行って英語が伸びるわけでもありません。どれだけ勉強して、英語を積極的に使う努力をするか。結局は、自分次第なんです。要するに、英語ができるようにならない原因は学校ではなく、本人にあるということ。 日本にいる方からよく聞かれることの中に「留学前に何をどのように勉強したらいいですか?」という質問がありますが、どの教材を使っても同じなんです。なぜなら、表現の仕方は違えど、間違ったことは書いていないから。大切なのは、一つの教材を何回も繰り返し、コンプリートすることです。学校の選択もそれと同じで、“どの学校か”ではなく“自分がやり切れるかどうか”が大切です。

_

_

_

じゃあどうやって学校を決めたらいいの?

結局のところ、何を軸に日本から語学学校を決めればいいのかというと、コストパフォーマンスです。 前述の通り、たくさんの語学学校があるゆえに、どの学校も生き残るために授業の質やサービス面での努力をしています。「安いけど、質が悪い」という状態ではとても競争には勝てません。つまり、授業料が安いから質が悪いということはない。 だからこそ、語学学校はコスト重視で選んでいただくのが一番です。そして余ったお金で、オーストラリアでの生活を豊かにしてほしいなと思っています。 なお、日本にある留学エージェントの語学学校の価格帯と、実際のオーストラリアの語学学校の価格帯は大きく異なります。

_

参考: 日本の留学エージェントが紹介できる語学学校が限られている理由

_

日本にある留学エージェントと、現地にオフィスを構える留学エージェントの双方に見積もりを依頼するのが節約のコツ。いろいろ比較して検討してみてくださいね。

_

……と、ここまで「日本からどのように語学学校を選べばいいのか」について書きましたが、やっぱり私が本当にオススメしたいのは、オーストラリア現地で決める方法。

_

参考:【語学学校の選び方】留学先の現地で決めることをおすすめします!

_

日本では紹介していない学校を含め、料金の高い学校・安い学校を、実際に見学して体験授業を受けてみましょう。現地留学エージェントだからこそ持っているプロモーション価格も利用しつつ、結局は自分の体験を元に決めるのが一番ですよ!

The following two tabs change content below.
ゴリラ社長

ゴリラ社長

Design Plusの代表ことボスゴリラ。オーストラリアでの留学だけではなく、オーストラリアで自らビジネスを立ち上げた。 実体験を元にリアルな留学情報を発信します。留学情報のみならず、あんなことやこんなことまで、なんでも知りたい情報は遠慮なく、ボスゴリラまでお問い合わせください。
お問い合わせ