留学で英語が話せるようになるために必要な“たった一つ”の心構え

study-english_3100

留学で英語が話せるようになるために必要な“たった一つ”の心構え

study-english_3100

こんにちは。なおこです。 長期で英語圏に滞在した人の中で、どのくらいの人が胸を張って「英語ができるようになった!」と言えるだけの語学力を身につけられているのでしょうか?長期で英語環境に身を置けば、英語は話せるようになる! と思いきや、1年滞在しても話せない人は多いのです。話せない人の傾向は、例えばこんな感じ。

_

・日本人としか遊んでいない、日本人の友達しかいない
・日本人しかいないシェアハウスに住んでいる
・ローカルの仕事に就くことを諦めている
・恥ずかしがり屋
・周りを気にする

_

これらの前提にあるのは、失敗することを恐れる気持ちだと思います。間違った英語を話してしまったらどうしよう、通じなかったら恥ずかしい……。気持ちはよ〜くわかります。でも、考えてみてください。 留学先の国で、あなたのことを知っている人は誰もいません!! たとえ日本で内気で消極的なタイプだったとしても、そのことを知っている人はいないのです。空気を読み、周りの目を気にしてしまう我々日本人、ついつい「こんなことしたら変だと思われるかも……」という感覚を引きずってしまいがちです。でも、ガンガンいってしまえば「こういう人なんだな」と思ってもらえる。そして自分から積極的に話しかけられる人こそが、スピーキング力が上がりやすい人なのです。思っている以上に周りの人はあなたのことなんか気にしてませんから(笑) それに日本人と一緒に行動を共にするのであれば、日本にいるのとたいして変わりません。せっかくオーストラリアにいるのなら、オーストラリアでしかできないことをやりましょう!

_

_

では、一方の話せるようになる人の特徴はというと、こんな感じです。

_

・外国人の友達を作るために自分から行動している (ランゲージエクスチェンジのmeet upや学校の行事に参加) ・カフェやパブで店員さんとの会話を試みている ・外国人とシェアハウスで生活し、交流を持っている

_

もちろん、留学当初から最低限の英語力があるに越したことはありません。ある程度しっかりしたコミュニケーションを取ろうと思うのなら、中学3年生レベルの基礎力はほしいもの。とはいっても、英語はコミュニケーションを取るための手段の一つにすぎません。表情や身振り手振りで伝わることもたくさんあります。 それに文法だって、途中で間違えたことに気づいたら最初から言い直して完璧な文章を話そうとするのが日本人ですが、例えば中国人の方なんかは勢いで言い切ります。こういう間違えてもいいから言いたいことを言うという、思い切りが大切です。会話の第一条件は、言いたいことを相手に伝えるということ。それが一番大事なんです。 何が言いたいかというと、つまりはどうにかなるんです。だからこそ「とりあえずやっちゃえ!」の姿勢がとても大事です!そこで失敗してしまったとしても、伝わらなかったとしても、そこで学べることはたくさんあります。勇気を出して一歩踏み出さないと、なにも変わらないんです。

_

_

リーディングやライティングは、日本でも伸ばせます。せっかくの留学生活ですから、細かいことは気にせずに、とりあえずやっちゃえ!の心構えで、“自分を変える留学”を目指してはいかがでしょうか? もしあなたが人見知りだったり、シャイだったり、積極的になるのが苦手だとしても、「誰も知っている人はいないから!」と、少しでも前向きにチャレンジができれば、英語力だけでなく、自分自身の成長を感じられるし、きっと新しい世界が見えるはずですよ!

The following two tabs change content below.
山本 尚子

山本 尚子

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ