【出発前】意外に大事!?スーツケースの選び方

【出発前】意外に大事!?スーツケースの選び方

留学前の準備で意外に大切なスーツケースについて。

短期の留学の場合はレンタルすることも考えられますが、長期留学の場合は購入することになると思います。どのようなスーツケースを選べばよいのか、サイズ、重さ、材質について、使うときの状況なども考えながらご紹介いたします。

1.航空会社の持ち込み制限のことを知っておく

 

飛行機に乗って旅行をしたことがある方はご存知だと思いますが、旅行の荷物は、飛行機にチェックインするときに航空会社に預ける荷物と、機内に持ち込みできる荷物の2種類があり、どちらも大きさと重さの制限があります。スーツケースを選ぶときには、この制限のことをまずは基準として考える必要があります。

制限は航空会社によって異なり、行き先や利用する座席クラス(エコノミー、ビジネス、ファースト)によっても異なります。あるときから突然変更になる場合もありますので、利用する航空会社の最新情報を必ず確認することをおすすめまします。以下は、2018年3月現在の情報から一部のみお知らせします。

国際線の受託手荷物の制限

空港のチェックインカウンターで航空会社に預けるスーツケースなどの大きな荷物は「受諾手荷物」と言います。追加料金なしで預けられる重さは、一般的な航空会社のエコノミークラスで1つあたり23kgです。

エコノミーで預けられる個数は、JAL/ANA2社は「2個まで各23Kg」ですが、カンタスは「1個で32kg」ですので注意してください。

大きさも規定があります。日系の2社だけ比較しても異なります。JALは、縦・横・高さの合計が203cmまで、ANAは158cmまでです。

さらに気を付をつけなければならないのがジェットスターなどの格安LCCです。
チケットによっては受託手荷物がゼロの場合もありますので、必ず確認を。
もしゼロの場合で必要な場合は事前購入が格段に安いですので前もって購入しましょう。

超過料金は、6000円~2万円ぐらいです。

無料で預けられる荷物の範囲を超えてしまった場合は、追加料金がかかります。

日系2社を例としてみると、大きさの超過はJALもANAも2万円です。重さの超過は、JALが23kg~32kgは1万円、それ以上は6万円。ANAは23kg~32kgは6000円、それ以上は2万円です。個数の超過はどちらの航空会社も1つ2万円、これは3個目からは有料になるという意味です。

ちょっとぐらい超えても許してもらえる?

これまで数多く海外に行っている方々の経験からの情報ですが、既定のサイズを数センチ程度超えていたり、2kg~5kg程度重いスーツケースでも、そのときのチェックインカウンターの係員の判断次第で受け付けてもらえることはありました。満席の便の場合は無理なのですが、空席が多い便では制限は厳格ではなく、許してもらえる傾向があります。

しかし、こればかりは運もありますので、事前に自分の荷物の重さを把握する事をおススメします。※空港に測定機がありますのでカウンターに行く前に重さを測りましょう。

航空会社の選び方にも関係してくる

留学の際の航空券はできるだけ安いところをと思いLCCの航空会社を選びがちだと思いますが、持って行く荷物の量とその追加料金のことを考えると、最初から「2個まで無料」とされている航空会社を選んだ方が、結果として安く済むことになる場合もあると思います。よく調べて選ビましょう。

機内持ち込み手荷物は?

なお、機内にももう少し持ち込むことができます。JALとANAの規定は、いまのところ同じです。身の回り品を入れるハンドバッグやノートパソコンが入るバッグなど1つの他、サイズは3辺の和が115cmまで、重さは10kgまでの荷物1つを持ち込みできます。座席の頭上のコンパートメントに入るサイズであることが目安です。

なお、パソコンやカメラを持って行く人は、必ず機内持ち込みにしてください。そのことを考えてバッグを選びましょう。航空会社に預けたスーツケースは、想像以上に乱暴に扱われています。中身の盗難もたびたび起きています。不用なトラブルを避けるためにも、預けるスーツケースには「壊れたら困るもの、なくなったら困る貴重品」は一切入れないようにしてください。これはとても重要なことです。ぜひ覚えておいてくださいね。

2.ハードケース大1個+キャリーケース中1個、またはハードケース大1個がスタンダード

特に女性の方は荷物が多くなる傾向があります。ハードケース大1個+キャリーケース中1個、またはハードケース大1個でオーストラリアに来る方が多いです。
大きなリュックで来られる方もいますが、シェアハウスで貴重品を入れたりすることも考え、鍵だけは忘れないようにしましょう。

下記持ち物リストもご参照ください。
【出発前】オーストラリア留学に欠かせない持ち物リスト

3.荷物を送った場合、どのぐらいの費用がかかるのか

しかし、日本とオーストラリアの郵送費はとっても高いです。
EMSが安いです。
国際郵便はEMS

 

4.これからスーツケースやバッグを買おうとしている人に向けてのアドバイス

スーツケース本体が軽いものがおすすめ

全体が軽いものがとにかくよいので、スーツケース本体もできるだけ軽いほうがよいです。特殊な軽量素材が使われた高価な製品もありますが、スーツケースはそもそも航空会社に預けている間に傷つけられて、徐々に壊れていくものです。消耗品であると割り切ることができる程度のものでよいと思います。

サイズは小さ目がおすすめ

JALの203cmに合わせるよりは、ANAの158cmに合わせて選ぶことをお勧めします。大きいスーツケースはたくさん入る分、重量超過にもなりやすいからです。また、今回はJALを利用するからと158cmを超えるサイズのスーツケースを買ってしまうと、以降にANAやスターアライアンスの航空会社で旅行するときには、いつも2万円の超過料金がかかることになってしまいます。

重量とサイズ、両方超過してしまうと、片道4万円ずつも追加料金がかかってしまうことになりますね。これはどう考えても効率が悪いでしょう。

ハードケースよりはソフトケースがおすすめ

ハードケースは、中身をたくさん詰め込むと閉まらなくなることが多いです。ソフトケースなら多少膨らんでも、ファスナー部分さえ合わせることができれば閉めることができます。私からはソフトケースをおすすめしたいです。外側の強度は、パンパンに荷物を詰めて使う場合はあまり関係ないです。

ただし、ファスナーを閉めるときに、閉まりづらいところを無理しすぎてファスナーの金具が壊れてしまうようなことがありますのでお気を付けください。
また、軽さの部分でハードケースよりもソフトケースの方が軽いものが多いです。

TSAロックはついていなくてよい

TSAロックは、数年前までは「あったほうがよい」とされて、ほとんどのスーツケースに付いたものでした。しかし近年は「あっても、使わない方がよい」とされています。アメリカ方面、アメリカ国内で乗継をする便を利用する場合、日本の空港では「TSAロックだとしても、鍵は絶対にかけないでください」と言われているほどです。

TSAロックは、アメリカの空港でセキュリティチェックを行うTSAの職員が、抜き打ちチェックの対象になったスーツケースを合い鍵で開けられるためのものでしたが、合い鍵を使わずに壊して開けられるケースが多発したため、「結局は、鍵をかけないのが一番よい」ことになったのです。

なお、スーツケースに鍵をかけてはいけないのはアメリカだけで、それ以外の行き先の場合は「普通の鍵」として使えるわけなのですが、少なくとも、わざわざ「TSAロックがついたスーツケース」を選ぶ価値は、もうなくなっています。ぜひ覚えておきましょう。

The following two tabs change content below.
山本 尚子

山本 尚子

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ