歴史と文化について知ろう!

歴史と文化について知ろう!

オーストラリアは多国籍文化の国として世界で有名であり、先進国の中ではアメリカと並び比較的歴史の新しい国でもあります。

政治的にも経済的にも急速な発展を遂げたオーストラリアの歴史と文化について今回は簡単にご紹介したいと思います。


オーストラリアの歴史

オーストラリアがイギリスの植民地であったことはみなさんご存知かと思います。

簡単にオーストラリアの歴史の流れについて下記に記述します。

1606年から1770年、50を超えるヨーロッパの船がオーストラリアの土地に上陸

1770年、イギリス探検家のジェームズ・クックがボタニー湾上陸

1788年、イギリスがオーストラリアを植民地にすると公言

イギリスは当初アメリカも植民地としていましたがアメリカが独立したことにより、それに代わる位置づけとしてオーストラリアを選びました。

1828年、オーストラリア全土がイギリスの植民地となる

開拓の過程で先住民の迫害も行われたそうです。。

1901年、シドニーでオーストラリア連邦制宣言

1901年って遠い昔のようにはあまり感じないですね。。

この時点でイギリスからの独立という事になるのですが、その後もイギリス連邦に所属し、イギリス国王女王への忠誠は守り続けています。

1914年、イギリスがドイツに宣戦布告。第一次世界大戦のはじまり

ニュージーランドと共に、オーストラリア・ニュージーランド軍団(ANZAC)を結成し、結果オーストラリアは大きな犠牲を払うことになりました。

毎年4月25日はANZACデーとして祝日になっていますね。

1956年、メルボルンでオリンピック開催

全国的知名度をあげるきっかけとなりました。

1960年代、イギリスの影響が弱まり、広く世界と交流をもつようになる

この頃から移民政策が推進され移住者が増えていきます。

先住民や移民を含めて、すべての国民が平等であることを政府が公約したことにより現在の多国籍文化を形成しています。 


オーストラリア国旗

オーストラリア国旗の意味を知っていますか?

左上のユニオンジャック:イギリスとの歴史的な繋がり

右の五つ星:南十字星(オーストラリアは南半球に位置することを伝える)

左下の星:七綾星(とんがり部分で6つの州と特別地域を意味する)


国旗の由来について以下のように説明されています。

1901年1月1日、新しい世紀の幕開けとともに、オーストラリアが民主的な連合国家として誕生するまでの100年間、オーストラリアの公式の旗はユニオン・ジャックでした。6つの植民地が連邦を結成して建国を果たしたのを機に、急遽新しい旗を要求し、世界的な規模で国旗のコンペを行なったのです。32,823通の応募の中から14歳の少年を含む五人が描いた同じようなデザインが選ばれました。 その一つに若干手を加えて翌々年の1903年2月にオーストラリア国旗が生まれました。しかし長らくこの旗をオーストラリア国旗と認める法律がなく、正式に承認されたのは、1953年でした。The Flags Act 1953(国旗法)が1953年11月に国会で可決され、”Australian National Flag”と正式に呼ばれるようになりました。

https://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/aust_flag.html


現金、チップと消費税

現在オーストラリアの紙幣は5、10、20、50、100ドルの5種類、硬貨は5,10,20,50セント、1,2ドルの6種類からなっていますね。

(紙幣はレザーグラム入りビニール・ポリマー幣で簡単には破れません!)

スーパーマーケットなどでたまに1セント単位の表示の商品を見かけませんか?

昔は1、2セント硬貨があったのです!1992年に廃止されてからはこのような場合、切り上げ、切り捨て、四捨五入のいずれかで計算されています。

チップの習慣はほぼありませんね。

その代わりにGSTと呼ばれる10%の消費税が料金に含まれています。

サービス料が含まれていない高級ホテルやレストランでは10~15%ほどのチップを支払うこともまた一般的とされているようです。


オーストラリアの祝日

複数の都市に住んだことがある人はすでにお気付きかもしれませんが、オーストラリアは州によって祝日が異なります。

祝日が土曜日、日曜日と重なるときは次の月曜日が振替休日となることも多いです。

NSWの祝日は以下のウェブサイトでチェックできるのでぜひ調べてみてくださいね!

https://www.nsw.gov.au/h


まとめ

オーストラリアの歴史についてなど、住んでいるだけではわからないことも沢山ありますよね!

時間があるときにでも自らオーストラリアの歴史、文化についてもっと調べてみてはいかがでしょうか?


voicec02

【この記事を書いた人】

シドニー滞在中のMayuです。
セブ島留学→オーストラリアワーホリという感じで日本を飛び出してそろそろ2年が経ちます。
最近ハマっていることはショートトリップです。短い休みでも常に旅行の計画を立てています:)
オーストラリア、旅行好きの皆さんと情報をシェアできたら嬉しいです。

The following two tabs change content below.
山本 尚子

山本 尚子

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ