経験者だから分かる!2ヵ国留学したほうがいいの?

経験者だから分かる!2ヵ国留学したほうがいいの?

こんにちは、Mayuです。

「2ヵ国留学」、今ではかなり人気でみなさん一回は聞いたことがあるワードかと思います。

言葉の通り、2つの留学方法を組み合わせたものです。

私もセブ島で語学学校に通い、オーストラリアにワーホリに来た2ヵ国留学経験者です。

今回は私の経験を基に2ヵ国留学のメリット、デメリットについてご紹介します。


メリットその1⃣

英語を話すことへの抵抗がなくなる!

日本人のみなさん、英語を話すとき緊張しませんか?

英語を話す機会が少ない日本人のスピーキング力の低さは有名です。

語学留学をすることで毎日英語に触れることができ、ワンツーマンレッスンを行っている学校であれば英語を話すことは避けられません!

ワーホリに行く前の1週間でも2週間でもこのような環境下に身を置いていることで

現地に着いたときには既に英語を話すことへの抵抗が無くなっている人がほとんどです。


メリットその2⃣

初対面で使うフレーズに慣れている!友達づくりには最初が肝心!

「Hi, nice to meet you!」から続く会話はとても大事になります。

日本語でも同じ事となると思いますが、

これで会話が終わってしまうのか、これから話が盛り上がるのかで今後の関係性にも大きく影響していきます。

語学学校では先生が変わるたび、新しい生徒が入ってくるたびに「初めまして!」の会話から始まり、

さらにこれが短いスパンで来るので自然と会話慣れし、力となっていきます。


メリットその3⃣

発音が良いねと褒められる!

フィリピンにある語学学校では発音矯正に力を入れている学校がほとんどです。

日本人の英語の発音は直さなければかなり独特で、

ネイティブスピーカーには聞き取ってもらえません。

その点、発音矯正をきっちり行っていれば会話はスムーズに進み

英会話に対する自信にもつながります!


デメリット

安いと言えどタダではない!

ワーホリに行く目的の一つとして「とにかくお金を稼ぎたい」と考えている人もたくさんいると思います。

私の出会ってた人たちの中には、ワーホリに持ってきたお金は十数万円のみ!という人もいました。

フィリピンの語学学校は安い!と言えど、もちろんタダではありません。

他の国と比べて安いというだけでお金はそこそこかかります。

その点を考えると全ての人に「2ヵ国留学は絶対にした方が良い!」とは言えません。


語学学校選びは慎重に!

「2ヵ国留学して良かった!」と最後に思えるために一番大事なことは

一番最初に行く語学学校選びにどれだけ時間をかけるかだと思います。

よくみなさんが気にすることの一つとして「学校にいる日本人率」が挙げられますが、

正直私はそんなに重要ではないと思います。

日本人が多い少ないに関わらず、日本人は日本人同士集まりがちです。(やっぱり話やすいので。。)

また、「ストイックの学校かそうでない学校か」という点も挙げられますが、

ストイックの学校に行っても英語学習に励まない人もいますし、校則や勉強時間の縛りが無い学校でも一生懸命やって英語力を伸ばす人もいます。


まとめ

私は日本に居るときから英語を話すことに抵抗があり、さらに大学卒業後から英語離れをしていたため、

ワーホリ前にセブ島に行って本当に良かったというのが正直な感想です。


結局は自分次第です!

自分の目標に合った語学学校を見つけて下さいね。


Design Plusではフィリピン留学に関する紹介、手配も行っております。

興味がある方はお気軽にご相談くださいね。


voicec02

この記事を書いた人

シドニー滞在中のMayuです。
セブ島留学→オーストラリアワーホリという感じで日本を飛び出してそろそろ2年が経ちます。
最近ハマっていることはショートトリップです。短い休みでも常に旅行の計画を立てています:)
オーストラリア、旅行好きの皆さんと情報をシェアできたら嬉しいです。



The following two tabs change content below.
DesignPlus

DesignPlus

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ