生徒様からよくいただくご質問~留学前編

生徒様からよくいただくご質問~留学前編

カウンセラーの山本です。
本日はカウンセリング時によくいただくご質問をご紹介いたします。


Q1:オーストラリアの留学の魅力はなんですか?

他国と比べてオーストラリア留学の魅力は、
1)英語圏の国でトップクラスで治安が良い
2)気候が良い
3)日本との時差が少ない
4)学生ビザでも就労ができるため予算に余裕がない方でも留学しやすい
5)ワーキングホリデービザを使うことができる

上記以外にも魅力が沢山ありますが、やはり治安の良い国で安心して勉強に励めるという事は最大の魅力だと思います。


Q2:オーストラリアの英語って訛りが強いとききますが…


オーストラリアの英語はイギリス英語がベースとなっております。アメリカンアクセントに慣れている方だと始めは戸惑うかもしれませんね。
確かにすごく田舎に行くと何言ってるかわからないぐらい訛りがあります。(日本と同じく地方には地方の方言があるイメージでしょうか)しかし、シドニーやメルボルンなどの大きい都市ではとてもアクセントが強い方はそこまでいらっしゃらないような気がします。また、オーストラリアで英語を学ぶ良さというのは、移民の国のため様々なアクセントを持った人々が生活をしております。様々なアクセントに慣れることができる、理解ができるということは、より多くの人とコミュニケーションがスムーズにできるようになります。特に日本に帰国後の就職など英語を使ってお仕事されたいと思っておる方が多いかと思いますが、それを強みにすることができたらとても良いアドバンテージになるではないでしょうか。





Q3:オーストラリアは物価が高いと聞きますが・・・?

はい。物価は高いです。もし知らずに来豪されたらびっくりされるかと思います。時に外食は高いと感じるかと思います。普通のレストランでバスタ1皿が$20以上します。(日本円で約1,700円/$1=85円)ランチでカフェに行ってコーヒーとワンプレートの食事を注文して平均$25前後です.(日本円で約2,125円/$1=85円)日本では千円以下で食べられるラーメンも$15前後します。(日本円で約1,300円/$1=85円)しかし、スーパーで買い物して自炊をする、お弁当を作るなどして上手にやりくりをすれば、生活していけると思います。さらに、オーストラリアの最低時給は2019年4月15日現在で$18.93になりますので、勉強に差し支えない程度でお仕事をしながら学校に通学するということも可能です。



Q4:どの都市にしようか迷います。シドニーは日本人が多いからやめた方がいいと言われます。


確かに、日本人の数は多いです。大きい都市ですので、仕事の数が多いのも理由の1つとなります。私自身もワーホリの時にシドニーを選びました。決め手は綺麗な海と仕事の数でした。私は選んで正解でした。
生徒様へのアドバイスといたしましては、ワーホリ中は日本人の方をなるべく避けること、できたら日本人と話す時も英語で話しをする、仕事もできる限り英語環境の仕事を選び、住むところも日本人じゃない方とシェアするなど、できる限り英語環境を自分自身で作ることをお勧めしております。
色々な都市に留学される生徒様をケアさせていただいておりますが、シドニーでなくてもどこにいても、英語のスピーキング力を上げたければ極力日本語を使わない努力をすることが大切なのかなっと思います。シドニーの良いところは、都会の雰囲気と自然の両方味わえるところです。また、気軽に電車やバスで綺麗な海を見に行くことができることもとっても魅力的です。(是非、弊社のインスタグラムをみてみてください!!)メルボルンはカフェやアートがお好きな方におすすめですし、サーフィンや海がお好きな方にはゴールコースト、トロピカルな雰囲気がお好きな方にはケアンズ、少しゆったりした雰囲気がよろしければパースやブリスベンなど、日本人が多い・少ないだけで選択するよりも、ご自身のお好みのその都市の気候や雰囲気・特徴などで選択していただきオーストラリアの魅力に浸っていただきたいなと留学カウンセラーとして生徒様にお話しさせていただきます。


Q5:ワーホリで仕事をしたくてオーストラリアに行くんですが、予算があまりなくて語学学校に通う余裕がないのですが絶対行ったほうが良いですか?



それぞれオーストラリアにて留学・ワーホリされる理由は様々かと思います。
結論からもうしますと、すでにそこそこの英語力(現地の方と問題なく会話ができる)があれば、仕事をする目的で来豪されてもチャンスをつかめる確率は高いかと思います。わたくしは、ご本人が行きたくない、本当に予算がないのであれば学校に行く必要はないと思います。しかしながら、留学カウンセラーとして学校に行く事のメリットはお伝えいたしますね。学校は英語を学ぶ事以外にも、お友達を作ることによって、コネクションができて仕事を紹介してもらえたり、良い情報をもらえたり、シェアできたりします。こちらに来てから大切な事は英語力と人脈です。
また、学校で無料で面接の練習や仕事を得やすくなるようかっこいい履歴書の書き方などもワークショップで教えてくれる学校もございます。予算がなくて仕事が先というお気持ちは十分ご理解いたしますが、初っ端から英語もできない人脈もない、仕事もないという日々を1-2ヵ月過ごすよりは語学学校に行ってしっかり学んだほうが効率が良いと私は思います。

例えばですが、日本人が少なくて週$300以下の学校に4週間だけとりあえず行ってみるというのもよろしいかと思います。

例えばですが、週$300でしたら、

例)
授業料:$300×4=$1200
入学金:$200
教材費:$60

合計:$1460(日本円で116,800円/$1=80円)

大体上記のお値段で通学可能です。
4週間だけどんなものか行ってみて、もっと行きたければ延長する、予算がなければお金が貯まったら帰国前に行くというのも良いのではないかと思います。
是非ご検討くださいませ。

The following two tabs change content below.
山本 尚子

山本 尚子

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ