卒業間近で卒業できないかも!!??大学の話 ―私の体験談―

卒業間近で卒業できないかも!!??大学の話 ―私の体験談―

こんにちは!Natsukiです!

皆さま、明けましておめでとうございます。
今年もDesign Plusをよろしくお願いします。

皆さんはどのような年末年始を過ごしたでしょうか?
楽しい年末年始を過ごせたでしょうか??
友達や家族と楽しくワイワイ過ごした方や、 お仕事していた方や、
いろいろな過ごし方をされたかと思います。

そんな、私は一喜一憂した年末を過ごしました。 そこで、今回は私の体験談のお話しをさせていただきたいと思います。

なぜ、一喜一憂した年末だったかと言うと、

12月の半ばにもらった大学の成績から話が始まります。

 

私の大学は他の大学に比べると

成績をもらうのが遅いのですが、

教科によっては、講師の配慮で自分の成績の点数を見ることができるんです。

 

ほとんどの教科は見られないことの方が多いですが、

その教科は正式な成績をもらう前から、

仮の成績として自分の成績が見ることができました。

 

そして、それを見た時、

私はその教科を落としていたのです。

成績が合格点に届いてなかったのです。

 

普段なら、仕方ない、と諦めていたであろう私ですが、

今回は納得がいかず、素直に受け入れることができず

先生に抗議をしました。

 

実際、この教科を落としてしまうと

この学期で卒業予定だった私は、卒業日が1年も延びてしまうので、

それはなんとしても避けたい!と必死でした。

 

なので、”Grade Appeal”をしようと決めました。

Grade Appeal”とは・・・

簡単に説明すると、再査定依頼です。

正式にもらった成績に不満な点や、納得いかなったところを

講師やチューターと話し合って

再び採点し直してもらうのです。

 

Grade appel することによって、

自分の成績があがってパスになることもあれば、

逆に自分の成績が下がることもあります。

 

そして、Grade appeal する前に

採点のどこの部分が納得いかなかったのかを確認するために、

エッセイを見直していました。

 

そうすると、採点ミスがあり

Grade appeal を申請する前に講師とチューターに確認の為に、

メールをしてみました。

そうすると、数日後にチューターから返信が。

“採点ミスがありました。

新しい点数が反映されると思うので確認してみてください”

とのことでした。

新しい点数を見てみると、点数は少しあがっていましたが、

まだ合格点には届いておらず、落第のままでした。

 

そのまた数日後、

講師から、また点数を改訂したとのメールがきました。

点数を確認してみると、またまた点数が上がっていて、

合格点に届いていました!!

 

「やった!合格だ。卒業できるー!」

と喜んだ矢先、

講師から改訂したとメールをもらった次の日に

公式の成績が学校から届きました。

 

それを確認してみると、

合格になったと思っていた教科が不合格となっていたのです。

その後、すぐに大学に電話して問い合わせてみると、

講師にメールしてみてとのこと。

なので、講師にすぐにメールをしてみるものの、

1週間経っても返事が来ず、、、。

 

それから少しして

いきなり大学から“Completion Letter(卒業確定書)”が届きました。

いきなりのことにびっくりして、

友達にも

「私は卒業確定ってこと?」と変な質問をしたり(笑)。

 

講師からは何も連絡が来ず、

いきなりCompletion letterが届いたので、

本当に自分は卒業するのだろうか、と

不安なままでした。

 

でも、大学の公式サイトから自分の成績が見れるので

確認してみると、

公式の成績は改訂されていました。

 

公式の成績は改訂されていて、

Completion letter をもらったので

とりあえずは無事卒業できるようです!

 

よかった、よかった(笑)

 

諦めずに、納得いくまで講師やチューターに連絡取り合って、と

ちゃんと行動を起こしてよかったなと思います。

あそこで、なにもせずにいたら

変わらなかった結果が行動したことによって変わってよかったです。

 

例え、行動して結果がなにも変わらなかったとしても

行動したうえでの結果なので、

後悔はないと思います。

 

何事も行動あるのみ!ってことですかね。

 

私は今年1年、去年できなかったことや

新しいことに挑戦していける年にしたいと思います!

 

みなさんもぜひ納得のいく1年にしてください!

みなさんにとって素敵な1年になりますように。

ここまで、長々と私の体験談に付き合っていただき、

読んでいただきありがとうございました。

 

この記事が何かに役立てればなと思います。

ありがとうございました。

voicec02この記事を書いた人
オーストラリア滞在中のNatsukiです。高校卒業後、オーストラリアの大学に進学する為に、2016年に渡豪し、現在大学で勉強しています。趣味はバスケと海外旅行で、アクティブに行動することが好きです!自分の経験を活かして、少しでも読者のお役に立てる情報をシェアしていきたいと思います!

The following two tabs change content below.
DesignPlus

DesignPlus

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ