オーストラリアのオススメのお土産まとめ-その1

オーストラリアのオススメのお土産まとめ-その1

こんにちは!Natsukiです!

 

オーストラリアのお土産と言えば、

コアラ・カンガルーのキーホルダーやチョコレートなどなど。

定番のお土産もいいですが、

定番すぎてもかぶってしまったり、毎回同じ・・・

なんてことも。

 

お土産を選ぶのは楽しいけど、

簡単そうで難しいですよね。

 

そこで、今回は

「定番のオーストラリアのお土産とネタ系土産」

を紹介していきたいと思います!

(これらのお土産は私が独断と偏見で

オーストラリアで買えるものを選んでおり、

中にはオーストラリア産ではない物もありますが、

そこはご愛敬ということで。)

オーストラリアの定番お土産

 

オーストラリアの定番お土産と言えば!

1.マカダミアナッツチョコレート

みんな一度はお土産でもらったことがあるかと思います。

このお土産は定番中の定番です!

 

マカダミアナッツと言えば、ハワイと言う感じもしますが、

マカダミアナッツの原産国であり、

生産量世界一なのは、実はオーストラリアなんです!

 

マカダミアにはヘルシーな脂肪酸、食物繊維、マンガン、抗酸化物質などが

たっぷりと含まれており、

老化を防ぐ効果があると言われています!

(出典: オーストラリア・マカダミア協会)

 

そのマカダミアがチョコレートでコーティングされていたら、

プラスマイナスゼロな気がしますが、

マカダミアナッツのほんのり塩味でしょっぱい風味と

チョコレートの甘さが程よく混ざり合って

飽きずに食べられます!

 

マカダミアナッツだけ欲しいという方も、

安心してください!

マカダミアナッツだけのものもあります。

塩味のしょっぱさがお酒に合うので、

おつまみとしてもいただけます!

2. TIM TAM

オーストラリアのお菓子と言ったら、

ティムタム!

あまーいチョコレートとサクサクのクッキーの

絶妙な調和が病みつきになります!

 

いろいろな種類の味があり、

値段もお手頃でお土産には持ってこいなお菓子ですが、

これは日本でも手軽に手に入ることから

最近はティムタムをお土産にする人は

少なくなっていると思います。

 

ですが、

オーストラリアでしか買えない味もあるので、

そういうのを買っていくのもアリですね!

 

例えば、こちら!

オーストラリアでは有名はジェラート屋さん

“メッシーナ”とコラボしている商品!

※期間限定商品もあるので、そこはご了承ください。

 

 

3.ひっつきコアラ・カンガルー

やっぱり、オーストラリアと言えば、

コアラ!カンガルー!

 

このお土産も定番です。

どこのお土産屋さんに行っても置いてあるし、

安くてたくさん買えるので、

たくさんの人にお土産を買わなくては!と言う方には

おすすめです。

 

クリップタイプになっているので、

メモクリップにしたり、

職場のデスクのどこかに挟んで飾ったりしたら、

癒し効果があるかも?です。

 

 

4.アボリジニブーメランマグネット

オーストラリアの先住民として知られているアボリジニの人たち。

ある説によると、4~5万年前から先住していたのだとか。

 

イギリス政府がオーストラリアを流刑の地と指定して

白人が増え始めると同時に

白人によるアボリジニへの迫害が始まり、

その人口は10%まで激減。

アボリジニの人が市民権を得られるようになったのも

近年のこと。

 

アボリジニの人々は大自然の中で狩猟・採集生活をして暮らしていました。

文字が無く、代わりに絵で情報を伝達してきました。

 

アボリジナルアートと呼ばれる手法の一つに

ドットペイントがあり、

この手法で描かれたオーストラリアの風景や動物たちの絵が人気です。

 

アボリジニの人たちが狩猟の道具として使っていたブーメラン型と

アボリジナルアートで書かれた絵は

ある意味、オーストラリアが凝縮されたお土産と言えますね!

 

ブーメランだけでなく、他にも

バッグやピアス、ブレスレットなど色々あります。

5.紅茶

オーストラリアはコーヒーを好む人が多いですが、

一方で、イギリスからの移民が多いため、

紅茶が充実している国でもあります。

 

トワイニングは「英国王室御用達高級紅茶」として知られている

紅茶のメーカーですが、

お値段は意外にもそんなに高くなく、

手軽に手に入れることができます。

 

トワイ二ングの他にも、T2(ティーツー)などが有名です。

T2は紅茶の専門店なので、

いろいろなフレーバーの紅茶があります。

それだけでなく、

T2で買えるカップやティーポットなども可愛いので

お土産にしても良いかもしれませんね。

ただ、ガラスなので持ち運びに注意です。

 

 

6.オーストラリアのお菓子

お土産屋さんで買えるお土産ではなく、

スーパーなど身近で買えるお菓子が

お土産にと人気だったりします!

 

日本のお菓子とはちょっと違った

オーストラリアのお菓子がお土産として喜ばれます!

 

例えば、

チョコレート!

チョコレートでもたくさんの種類があり、

有名なのは、

「Lindt(リンツ)」

スーパーで手に入る高級チョコレート。

Lindt専門店もあります。

 

程よい甘さで日本人好みの甘さです。

キャンディーのように一つ一つ袋に包まれていて、

小分け包装タイプのものが良いです。

 

「Cadbury(カドベリー)のかえるチョコ」


小さい子供に喜ばれるチョコレートです。

 

カエルだけでなく、

コアラの形のチョコレートもあります。

中にキャラメルが入っているタイプのものもあり、

甘党の方にオススメです!

 

甘くてミルキーな味が病みつきになってしまいますが、

虫歯にならないよう食べ過ぎには注意です!

 

「Maltesers」

サクサクビスケットをチョコレートでコーティングされている

お菓子です!

甘すぎず、ビスケットのサクサク感が

たまりません!

 

オーストラリアのスーパーならどこにでも置いてあり、

お手頃な価格で買えるので、

お土産にオススメです!

 

「Pods」

チョコの周りにあるお皿?のようなものは
クッキーでできており、
チョコも甘すぎず、ついついたくさん食べられちゃうお菓子です!

チョコのなかにキャラメルが入っているものもあります。
こちらもスーパーなどでお手頃な価格で買うことができます。

「Dairy Milk」

パッケージもシンプルで可愛く

いろいろな種類の味がある

Dairy Milk のチョコレートです。

 

オーストラリアのスーパー

Colse やWoolworths

$2から$5前後で購入することができます!

 

 

チョコレートの他にも、

チップス!


私が個人的に好きなのは、

「Grain Waves」のサワークリーム味

実はこれジャガイモではなく

トウモロコシや全粒粉などを使っているので、

厳密にいえばポテトチップスではないのですが、

是非一度は食べていただきたいチップスです。

 

一度食べると病みつきになる味です!

 

チップスは一袋が大きくて持って帰るのに

かさばって大変という方もいるかもしれません。

そういう方にはこちらがおすすめです!

小分けにされているチップス!

 

1袋に小分けにされて5パック入りの

チップスなども売っています。

ボックスに小分けにされて32パック

入っているものもあります。

(ボックスはお土産としてはいいですが、

持って帰るのが少々大変です。)

 

ここまで、定番のお土産たちをまとめてみましたが、
その2ではちょっと変わったお土産をご紹介いたします!!

voicec02
この記事を書いた人
オーストラリア滞在中のNatsukiです。高校卒業後、オーストラリアの大学に進学する為に、2016年に渡豪し、現在大学で勉強しています。趣味はバスケと海外旅行で、アクティブに行動することが好きです!自分の経験を活かして、少しでも読者のお役に立てる情報をシェアしていきたいと思います!

The following two tabs change content below.
山本 尚子

山本 尚子

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ