ワーホリの方必見‼みんな1度はあこがれるラウンド‼

ワーホリの方必見‼みんな1度はあこがれるラウンド‼

こんにちは、Rieです。

 

皆さんは、一度は「ラウンドに出てみたい・・・」

と思ったことはありませんか??

 

なんでもワーキングホリデービザは、

他のビザと違って制約が少ないことが大きな魅力で、

土地や時間に縛られず1年間または2年間、

自分の好きな都市を訪れ、生活することができます。

 

また、留学中の場合は

長期間のホリデーを使って

オーストラリアを周りたいという方もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は

オーストラリア滞在中に

“ラウンドにチャレンジしてみたいという方”へ

オーストラリア横断に関する情報を紹介したいと思います。

ラウンドとは(Round)・・・

はっきりとした定義はありませんが、

基本的にはオーストラリア大陸横断のことを指します。

 

オーストラリアには、

手付かずの土地や、美しい海や山など

飛行機で通り過ぎてしまうには勿体ない自然が溢れており、

世界第6位の面積を誇り日本の面積のおよそ20という

巨大大陸であるオーストラリアを旅行することは

一生の思い出になることは間違いなしです!

 

写真だけでは伝わらない

実際に足を踏み入れることで感じ取れる

土地ごとの特色も楽しむことができるのがラウンドの醍醐味です

プランの立て方

1.出発時期を決める

ルートを計画する際に、オーストラリアの季節も一緒に考えることがポイントです。

オーストラリアの気候は、広い国土のため、地域によってかなりの差があります。

基本的に「北は暑く、南は涼しい」とされますが、地域によってそれぞれの特徴があります。

 

例えば・・・

寒い時期(6月~8月)には ウルルなどのアウトバックエリアなど

暑い時期(12月~2月)には VIC州やTAS州などの南オーストラリア

 

オーストラリアは熱帯、亜熱帯、砂漠性、温帯、地中海性と

様々な気候帯をもち、各地域で見ることができる

自然の様子が全く異なるため、楽しみ方のバラエティに富んでいます!!

 

2.期間を決める

ラウンドにかかる期間は、そのルートによって様々ですが、

オーストラリア全土を周る場合は

平均して1~2か月間かける人が多く、

西オーストラリアのみ、または東オーストラリアのみを横断するという場合は

1~2週間かけて周る人が多いようです。

 

3.移動手段を決める

オーストラリアを一周する場合の移動距離は10,000キロ以上と

その土地の広大さは想像をはるかに超えます。

 

移動手段によって、旅に要する時間も値段も大きく変わるため、

自分の期間や予算に最適な移動手段を考えることが大切です!

 

複数都市を移動する場合は、

車の他に長距離バス、鉄道、飛行機など

1つの交通手段ではなく、いくつか組み合わせて移動するというケースも一般的です。

 

自家用車

車でラウンドできる最大の利点としては

自分の好きな場所やラウンド途中で気になったスポットに

途中下車をしながらに移動できることです。

 

車はGumtreeJamsFacebookグループにて購入可能ですが、

短期間でのラウンドを考えている人には

格安で車をレンタルできる“リロケーションサービス”がおすすめです!

 

リロケーションサービスとは

乗り捨てられた車を元の営業所に戻すことを

条件に安く車をレンタルできるというサービスになります。

 

そのため、安くレンタルできる日数に制限があったり

車を他の営業所から元の営業所に戻す必要があるので

出発地も目的地も自分では指定できません。

*自分の希望する場所でレンタルできる車がないか、

常にサイトでチェックする必要があります。

 

☞格安レンタルできる情報に関しては

下記のサイトが比較的見やすかったので参考にしてみてください。

 

imoova.com

coseats.com

他にも「Australia Cheap Car Rentals」で検索してみると

自分の条件にあったものが見つかるかもしれません!

 

長距離バス

長距離バスは距離ごとでチケットが販売されているため、

ラウンドに適しており、有効期限も1年間あるので、

途中でどこかの都市に数カ月滞在することも可能です。

 

バスの中ではWi-Fiを使用することができ、

コンセントもあるため、快適に移動をすることができます。

※チケット予約はインターネットで可能です。

 

グレイハウンド(Greyhound Australia)

オーストラリア最大の長距離バス会社です。

オーストラリアの多くの主要都市と観光地を含め、運行されています。

 

インテグリティ (Integrity coach lines)

オーストラリア西部の都市間で

運行されている長距離バス会社です。

 

鉄道

日本のテレビ番組「世界の車窓から」のオープニングを

10年間務めたことで有名なオーストラリアの長距離列車

“キュランダ”をはじめ、ゆっくりと旅を楽しみたい方にはおすすめです。

キュランダ列車

 

長距離列車

大陸縦断鉄道ザ・ガン(THE GHAN)

シドニー・アデレード~アリススプリングス 2979kmを走る

 

大陸横断鉄道インディアン・パシフィック(INDIAN PACIFIC)

シドニー~パース間 4350kmを走る

 

列車オーバーランド(THE OVERLAND)

メルボルン~アデレード 828kmを走る

 

飛行機

飛行機は移動時間が大幅に短縮することができるため、

ラウンドに時間を掛けられない方におすすめです。

 

Skyscanerなどのサイトで

格安チケットをチェックすることができます。

https://www.skyscanner.com.au

 

  • 宿泊場所を決める

ラウンド中の宿泊場所の選択肢として

「キャンプ場に持参したテントを張る」、

「キャンピングカーで移動している場合は車中で寝る」または、

「バックパッカーズホテルといって一泊$30くらいの格安ホテルに宿泊する」のが一般的です。

 

しかし、テントや車で寝泊まりする場合は

指定された場所でないと、通報されることがあるので注意が必要です。

※許可された場所以外での車中泊は違法になり、罰金が科せられます。

 

滞在場所によっては電波が使えないところもあるので、

少なくとも、前もってルートやその日に滞在する宿だけは決めておくことが賢明です。

 

有名スポット

 

QLDハミルトン島

ホワイトヘブンビーチ

真っ白な砂浜と海の色は「世界最高のビーチ」と言われるのも納得の美しさです。

ウィットサンデー諸島の東側に位置し、

パウダーのようにやわらかく白い砂が敷き詰められた砂浜が約7km続きます。

海の河口では白い砂浜に青い海水が流れ込むことで描かれる

マーブル模様は一度は見てみたい絶景です。

https://www.facebook.com/hamiltonisland/
グレート・バリア・リーフ「7大世界の驚異」と言われる、北東岸に広がる世界最大のサンゴ礁地帯です。海上からは「ふたりの愛が深まる」と有名なハート型リーフが見ることができます。

https://www.facebook.com/hamiltonisland/

 

QLDグレート・オーシャン・ロード

ジーロングからウォーナンブールの間の約200㎞続き、

「世界で一番美しい道」とも呼ばれるこの道は、

16年もの年月を要し、シャベルやダイナマイトなどを使用して全て人力で作られました。
美しい海と森を眺めながら海沿いを走るドライブは最高です!

NSWバイロンベイ

オーストラリアの最東端にある人口5,000人程の小さな町のバイロンベイは

おしゃれなヒッピーが多く集まり、

思わず写真を撮りたくなるようなスポットに溢れたフォトジェニックな街です。

珍しい魚も見ることができると、ダイバーに人気の高いビーチもあります。

https://www.theurbanlist.com/perth/a-list/things-to-do-byron-bay

 

NTウルル

オーストラリアの真ん中あたりにあることから、

「地球のへそ」とも呼ばれるウルルは観光客から高い人気を誇ります。
広大な砂漠が広がるウルル・カタジュタ国立公園内にある

周囲約9㎞、高さ348mの世界最大級の岩の迫力は圧巻です。

ウルルに関するブログは

是非こちらをチェックしてみてください!

https://designplus-edu.com/useful-info/5433/

 

NTカカドゥ国立公園

カカドゥ国立公園はオーストラリア最古の世界遺産で、

森林や滝、湖といった大自然を楽しむことができ、

面積が19,804㎢という広大なエリアには、様々な野生動物たちが生活しています。
「イエロー・ウォーター」と言われる大湿原ではクルーズを楽しむことができます。


https://ja.wikipedia.org/wiki

 

 

WAアルバニー

西オーストラリアの最南端に位置する町で、周囲には綺麗な海や森、

国立公園が広がり、釣りやダイビングを楽しんだり、クジラを見ることができたりと

大自然を存分に満喫できます。

 

 

西AUSヒリアー湖

全長は約600mに及び、未だ「なぜピンク色なのか」

完全に解明されていないとても神秘的な湖です。

周りは白い砂浜で囲まれ、その周りをさらに緑の森林が囲っており、

その景色は一度見る価値があります。

湖まではクルーズに参加するかヘリコプターをチャーターでのみアクセス可能です。

https://www.australia.com/ja-jp/places/wa/pink-lake.html

西AUSカリジニ国立公園

西オーストラリアで2番目の広さを誇るカリジニ国立公園では

深さ100mにもおよぶ渓谷や、何層にも重なった地層を見ることができます。

20億年以上前から自然の力でできた壮大な地形には圧倒されます。

https://www.instagram.com/westernaustralia/

 

いかかでしたでしょうか?

今回紹介した有名スポットは、

ほんの一部に過ぎませんが、

このように広大なオーストラリアの土地には、

見きれないほどの見どころがたくさんあります。

 

道中に偶然、美しい自然を見つけることも旅の醍醐味ですが、

「絶対行きたい場所がある!」という場合は

出発前に入念に計画を立てることが大切です*

そして、ラウンド中には資金調達のためファームで働きながら移動することや

その先々での交流を通して世界中に友人をつくることができたり、、、

もしくは、その先ずっと滞在したくなる街が見つかる可能性もあります。

 

横断中の過ごし方は“十人十色”、無限に存在します!

 

是非、オーストラリアに滞在中は

ラウンドに出てオーストラリアがもつ様々な魅力を堪能してみてください☆

voicec02この記事を書いた人
ワーキングホリデーでシドニーに滞在中のRieです。大学卒業後、学生時代にルームシェアをしていた留学生の影響もあり、「自分の可能性を広げたい」と、日本での就職を辞め、オーストラリアに来ました。文化も言葉も違う人との出会いは刺激的で、自分の中でかけがえのないものとなっています。

実体験を踏まえながら、皆さんに有益な情報を届けられたらと思います!

The following two tabs change content below.
山本 尚子

山本 尚子

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ