奥が深い!!英語のことわざ集パート2

奥が深い!!英語のことわざ集パート2

前回ご紹介した英語のことわざ集パート2です。

パート1はこちら→

https://designplus-edu.com/blog/study-english/6213/

All is well that ends well.

=“終わり良ければ全て良し”

シェイクスピアが好きな人は聞いたことあるのではないでしょうか?

シェイクスピア劇のタイトルとして、とても有名なものです。

 

直訳すると、

「結果・終わりさえよければ全て良し」

という風になります。

 

これはそのまま使えるフレーズですし、

人を励ましたりするときに使えると思います。

 

 

Haste makes waste.
=“急がば回れ”

Haste= 急ぎ、あせること (出典:weblio英和辞典)

 

直訳は「急ぎは無駄を作る」となります。

 

他にも、

“Make haste slowly.”=「ゆっくり急げ」

“More haste, less speed.”=「より急げば(かえって)スピードは落ちる」

などという事もできます。

ですが、これらは古い表現なので、

ネイティブの人はあまり使わないようです。

 

 

Seeing is believing.

=“百聞は一見にしかず”

このことわざの英語表現は文字通り、

「見ることが信じること」

=「自分の目で見るまでは信じられない」

=「百聞は一見に如かず」

となります。

 

Seeing is believingの他に

もう一つの英語表現があります。

“A picture is worth a thousand words.”

Worth= ~の価値がある、~に値する

直訳:「一枚の絵は、千の言葉に値します」

 

どちらを使っても「百聞は一見に如かず」という意味なので、

通じると思います。

 

 

So many men, so many mind.

=“十人十色”

直訳:「たくさんの人がいるなら、たくさんの心がある」

 

このことわざの英語表現はたくさんありますが、

他に有名な英語表現としては、

”Different strokes for different folks.”「やり方は人それぞれ」

などがあります。

 

 

Don’t Judge a book by its cover.

=“人は見かけによらず”

直訳は、

「本のカバーで本を判断すべからず」

=最初はつまらなそうな本に思えても、読んでみると意外と面白かった

というところから来ています。

 

一見怖そうに見えた人が、

実際はとても優しい人だったなんてこともあります。

 

人は見かけで判断してはいけませんね。

 

 

 

いかかでしたか?

たくさんのことわざの英語表現を紹介してきました。

もうすでに知っている表現や、

新しい発見などがあったのではないでしょうか?

 

まだまだたくさんあるので、

次回もことわざの英語表現を引き続き紹介していきたいと思います。

voicec02
この記事を書いた人
オーストラリア滞在中のNatsukiです。高校卒業後、オーストラリアの大学に進学する為に、2016年に渡豪し、現在大学で勉強しています。趣味はバスケと海外旅行で、アクティブに行動することが好きです!自分の経験を活かして、少しでも読者のお役に立てる情報をシェアしていきたいと思います!

The following two tabs change content below.
山本 尚子

山本 尚子

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ