ホームステイのホストファミリーへのオススメ お土産

ホームステイのホストファミリーへのオススメ お土産

こんにちは!Natsukiです!

 

 

皆さんはホームステイをしたことありますか?

留学やワーホリが初めてで不安な方や

海外生活を体験したい方や、

英語漬けの日常を過ごしたい方に多く選ばれており、

留学した際の滞在先として人気の“ホームステイ”!

 

 

ホームステイする時に、

これからお世話になるホストファミリーへ

感謝の気持ちとしてお土産を持って行く方が多いです。

ですが、

どんなお土産を持って行ったら良いのか悩みますよね。

 

そこで、今回は

ホームステイをする時にホストファミリーに渡すと

喜ばれるお土産をいくつか紹介していきたいと思います。

お土産を選ぶ際の注意点

せっかくお土産を渡すなら、

喜んでもらいたい!と張り切りすぎて

 

おすすめのお土産を紹介する前に

お土産を選ぶ際に注意すべき点をいくつか押さえておきましょう!

 

  • 高すぎないこと!
  • 留学先に持ち込めるもの
  • 留学先の気温を考慮したもの
  • ホストファミリーを困らせない物

 

  • 高すぎないこと!

    お土産の予算で悩む方も多いはず。

     

    お土産はあくまでも、

    これからお世話になるホストファミリーへの感謝の気持ちです。

     

    なので、1万円以上の高価なものは

    もらう側も気を遣う可能性もあるので

    あまり高価なものは避けた方が良いでしょう。

     

    1,000円~2,000円くらいのもので十分だと思います。

     

     

    • 留学先に持ち込めるもの

    これは、留学行く前にしっかり確認しておくことが大切です!

     

    せっかく、お土産を買って持って行ったのに、

    入国審査でひっかかってしまっては、

    元も子もありません。

     

    肉や肉加工品、米、野菜、フルーツなど

    食品関係は持ち込み禁止物が多いです。

    特にオーストラリアは厳しいので気を付けましょう。

     

     

    • 留学先の気温を考慮したもの

    オーストラリアは南半球なので、

    日本と季節は真逆です。

     

    オーストラリアだけでなく、

    フィジーやフィリピン、ハワイなど常夏の国に留学する方は、

    チョコレートやキャンディーなど、

    溶けやすいものを持って行くときは、十分に注意してください。

     

    渡す時にドロドロになっていた・・・なんてことも。

    そんな状況を避けるために、

    事前に留学先の気温をチェックして考慮しておきましょう。

     

     

    • ホストファミリーを困らせない物

     

     

    「使い道に困るもの」「口に合わない物」には気を付けましょう。

     

    文化も習慣も違う外国の方へのお土産なので、

    何が口に合うかなど、わかりづらいかと思います。

     

    ですが、事前にホストファミリーの大まかな情報は

    知らせてくれるところが多いので、

    その情報をもとにお土産を選ぶと良いでしょう。

     

    宗教的な問題で

    食べられないものや受け取れないものがある可能性もあります。

     

    また、日本の物は珍しいから喜ばれだろうと思いがちですが、

    過去に日本人留学生を受け入れた経験があるホストも少なくありません。

    なので、日本的すぎるものをお土産に持って行くと、

    既に持っていた!なんてこともあり得るので、注意が必要です。

     

     

     

    おすすめのお土産

    • 迷ったら、お菓子!

    人気なのは、日本限定のキットカット。

    個別包装してあるタイプのお菓子は分けやすく便利で

    外れなしです。

     

    キットカットの他にも、

    甘さ控えめの洋菓子や、ハッピーターン、コアラのマーチなど

    日本の定番のお菓子も喜ばれます。

     

    和菓子もお土産にはいいと思いますが、

    持ち込めない可能性や好き嫌いが分かれるので

    注意が必要です。

     

     

    • 和柄の小物

    日本的なものと言えば、和柄の小物。

    箸や巾着、扇子などなど、100均でも手軽に買えるものでもあり、

    お土産の定番ともいえるでしょう。

     

    ですが、前にお話したように

    前にも日本人留学生を受け入れしたことのあるホストだと、

    もうすでに持っているなんてこともあるので、

    注意してください。

     

    そして、もらったはいいけど、どうしたら分からない

    というようなものをあげるのは避けましょう。

    相手が使えそうな実用的は物を選んでください。

     

     

    風呂敷・手ぬぐい

    和柄の風呂敷・手ぬぐいは喜ばれることが多いです。

     

    実用的ですし、柄もかわいいので、

    喜ばれること間違いなし!

     

    お土産を渡す前に、

    基本的な風呂敷の使い方や包み方を

    すこし調べておくと良いでしょう。

     

    渡す際に、

    「こういう包み方もあるんだよ。」などと、

    会話のきっかけにもなります。

     

     

Coolな漢字Tシャツ

    • 日本人にとってはクールと思わなくても、

      ホストファミリーは

      漢字アイテムを“COOL”と思ってくれたりします!

       

      よく海外の洋服店にも

      漢字をデザインに取り入れられた服が売られています。

       

      外国人が大好きな漢字シリーズはお土産にもってこいです!

      漢字の意味は分からなくても、字面がクールなのだとか。

       

       

    風鈴

      • 日本の夏の風物詩の風鈴は

        海外ではあまり見られないので知らない人も多いかと思います。

         

        デザインと音がどちらも独特で美しく、

        それでいて、その音はうるさすぎることがありません。

        あの音は安らぎをもたらしてくれます。

         

        持って行く際にはガラスなので、

        十分に注意して持って行きましょう。

         

         

      日本の文房具

        • 日本の文房具は世界的に見ても非常に高品質で優秀です。

          大人にも子供にも喜ばれる日本の文房具。
          値段もそんなに高くなく
          手頃な価格で購入できるので、お土産に良いです。

          大人には、フリクション系の消せるボールペンや
          三色ボールペン、可愛いメモや便箋、日本風のクリアファイルなど。
          子供には色鉛筆やぷくっとしたシール、香り付きの消しゴムなど。

          今は、便箋もただの便箋ではなくて、
          富士山の形をした便箋や可愛い形をしたメモなどがあるので、
          そういうのをあげても喜ばれると思います。

          子供に人気の折り紙

          “folding paper”(折り紙)は
          子供にとても人気です!

          お子様のいるホストファミリーに
          もってこいのお土産です。

          子供に折り方を教えながら、
          一緒に折り紙してみてはいかがですか?

          ただ、日本人は折り紙でなんでも作れると思われていることもあるので、
          事前練習をしておくと尚良しかもしれません!

          ギャグアイテム

          ギャグアイテムといっても、そんな変なものではなく、

          実用的で笑いもとれる、そんなお土産を紹介します。

           

          日本でも流行った動物や歌舞伎のフェイスパックや

          キャラクターのフェイスパックなどをお土産に持って行くと

          海外では見たことがない人が多いので喜ばれます。

           

          美容にも良いし、笑いも取れるので一石二鳥です。

           

          他には、足袋靴下が喜ばれます。

          親指とその他の指が分かれているタイプの靴下や5本指ソックスは

          海外にあまり浸透していないので、

          珍しがられること間違いなしです!

          そして、話題づくりにもなります。

           

          他にも、食品サンプルのマグネットなどが喜ばれます。

          日本の食品サンプルの技術はクオリティがとても高く、

          海外の人はそのクオリティにとても驚きます。

           

          マグネットなどなら、置き場所にも困らず、

          邪魔にならないのでお土産にオススメです。

          いかがでしたか?

          これまで、お土産を選ぶ時の注意点と

          おすすめのお土産を紹介してきましたが

          参考になったでしょうか?

           

          お土産は持って行かなければならないってわけではありませんが、

          これからお世話になるホストファミリーへの感謝の気持ちです。

          それに、お土産を渡すことによって、

          会話づくりのきっかけにもなります。

           

          お土産をきっかけになにか話せるようなネタを用意しておくと

          より良いかもしれません。

           

          ホストファミリーと仲良くなって、

          ぜひ楽しい留学・ワーホリライフをお送りください!

           

          ここまで読んでいただきありがとうございました。

          voicec02

          この記事を書いた人
          オーストラリア滞在中のNatsukiです。高校卒業後、オーストラリアの大学に進学する為に、2016年に渡豪し、現在大学で勉強しています。趣味はバスケと海外旅行で、アクティブに行動することが好きです!自分の経験を活かして、少しでも読者のお役に立てる情報をシェアしていきたいと思います!

        The following two tabs change content below.
        DesignPlus

        DesignPlus

        Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
        お問い合わせ