オーストラリアの治安:普段から気を付けていること

オーストラリアの治安:普段から気を付けていること

こんにちは、Mayuです。

旅行でも留学でも海外に行こうと決めた時の心配事の一つとして”治安の良さ/悪さ”をみなさん挙げられるかと思います。

観光先、留学先として常に人気のオーストラリアですが治安についてご存じでしょうか?

私は現在オーストラリアに住んで2年になりますが、

怖い思い、危険な経験をしたことは一度もないです!

たまたま運が良かっただけかもしれませんが、普段から自分の行動で気を付けていることがいくつかあります。

今回は普段私が気を付けている4つのことを紹介したいと思います◎


気を付けるべきこと①

夜はなるべく一人で歩かない

日本に居ても気を付けていることかと思いますが。。

オーストラリアでは、シドニー、メルボルンなど大きな都市にもかかわらずお店が閉まる時間が日本に比べてかなり早いです。

日本のショッピングモールは夜8時、9時ごろまで空いているところが多いですよね?

オーストラリアでは基本的に平日は6時、週末は4時に閉まります!

レストランやBarは空いているので街が閑散とすることはありませんが、時間が遅くなるにつれて一人で歩くには危ない状況にどんどんなっていきます。

(特に日本人女子は話しかけやすいオーラを感じるそうなので。。)

数人で居るぶんには良いと思いますが一人でいることは避けましょう!


気を付けるべきこと②

鞄のチャックはしっかり閉める

鞄はチャックを閉めて前で抱えて持つ!まではしませんが。。笑

たまに街で見かける鞄の空いた人を見ると危ないなーと思ってしまいます。

オーストラリアでスリに遭った、という人は今のところ聞いたことはありませんが普段から気を付けておいて間違いはないと思います◎


気を付けるべきこと③

変な人とは目を合わせない、話さない

日本に居ても変な人はたくさんいますが、、

英語で話しかけられるとついつい反応してしまうことが多いと思うです。

物乞いをされたり連絡先聞かれたり。

中にはアジア人というだけで生卵を投げつけられたことのある人もいるようです!

危なそうな人だなと直感で思ったらとにかく無視するのが一番です◎

しつこかったら英語が分からないフリをすればいいのです!

世の中変わった人はたくさんいるなーと毎日実感しております。


気を付けるべきこと④

マリファナには手を出さない

日本に住んでいると大麻に出会うことなんてそうそう無いですよね。

ですがオーストラリアでは大麻へのアクセスは簡単なのです。


街を歩いていても「あれ、なんか匂う!」

マンションの窓を開けても「これ、あれの匂いだ。。」

と、日本に住んでいたころは大麻の匂いさえ知らなかったのに今では即座に気付いてしまいまうほどです💦


大麻についてタバコのようにしか思っていない人が多く存在し、そのような人たちの周りには似たような人たちしか寄ってこないのです。

トラブルに巻き込まれそな予感しかしません。。


まとめ

多国籍文化のオーストラリアでは人種差別を受けることは少ないとは思いますが、地域によっては異国民を嫌がる人もいるかもしれません。

一つ言えることは、どこの国でも自分の行動次第です。

特に海外に出てきているからには自分の行動に責任を持ちましょう


voicec02

【この記事を書いた人】

シドニー滞在中のMayuです。
セブ島留学→オーストラリアワーホリという感じで日本を飛び出してそろそろ2年が経ちます。
最近ハマっていることはショートトリップです。短い休みでも常に旅行の計画を立てています:)
オーストラリア、旅行好きの皆さんと情報をシェアできたら嬉しいです。

The following two tabs change content below.
DesignPlus

DesignPlus

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ