帰国後に日本で働くということ

帰国後に日本で働くということ

ワーホリ後、学生ビザ後は日本に帰り就職、転職活動を行うという人は沢山いると思います。

実際、オーストラリアでの体験をどのようにアピールしていくのか悩んでいる人のためへのアドバイスとして今回シェアさせて頂きます。


日本企業が求める人材

これは一番知っておくべきポイントです!

日本の企業がグローバル人材を求めているのは間違いありません。

グローバル人材」とは、海外で活躍できる人材のことを言いますが、その定義は、さまざまに飛び交っています。 … つまり、未知の世界に飛び込める行動力、最後までやりぬくタフネスさ、自分で考え行動し、課題を解決しようとする力があり、日本人としてのアイデンティティをしっかり持っている人が、日本が求めるグローバル人材です。
(https://www.hrpro.co.jp/glossary_detail.php?id=64)


採用側があなたを”グローバル人材”であると判断する基準は以下です。

☆TOEIC730点以上(最低でも600点)

☆英語環境で働いたことがあるかどうか

☆ビジネス英語が扱えるか

最低でも上記3つのことがアピールできれば企業はグローバル人材として注目してくれるはずです。

そもそもなぜ日本はグローバル人材を求めるようになったのかというと、、

①日本企業の海外進出

②日本の人口減少により外国人労働者の雇用が必要となった

③2020年のオリンピックに向けて

などが挙げられます。

最近ではすでに外国人労働者を積極的に採用しているサービス業も増えており、彼らをトレーニングする人材も必要とされてきています。


どのように海外経験をアピールするか

英語が話せるという事だけをアピールしても評価はされません。

(なぜなら英語を話せるだけの人はたくさんいるから)

海外留学経験者が評価されるときは、英語力のみではない経験、コミュニケーション力、苦しい状況に身を置かれたときに自ら考え対処できることをアピールできた時です。

オーストラリアでは、オージーだけでなく本当にたくさんの国の人とコミュニケーションをとることができ、異文化に触れることもできますね。

これらはコミュニケーション力の向上につながりますし、日本を客観的にみることで更に日本への理解を深めることができるチャンスにもなります。

海外と日本の企業における大きな違い一つでもありますが、海外では自分の思ったことはストレートに伝えることが大事とされ、日本では何よりも協調性が評価されます。そのあたりも十分に理解し、自己主張が強いとマイナス評価につながる場合があるということを知っておくべきです。


留学中どのように過ごすか

帰国後の日本での就職を考えている人は留学中のプランを立てておくことはとても大切です。

半年なり1年なり、決められた期間での計画を立てましょう!

一般的に中上級の英語力(TOEIC730点レベル)を身に付けるのに必要な期間は8~16週間といわれています。

ビジネス英語またはさらにTOEICの高得点を目指したい方は学校に10週間ほど通うことをお勧めします。

海外での就業経験を積みたい人は4~12週間のインターンシップに参加するのも良いですね。

生活費や授業料の為のアルバイトの期間も考えて帰国予定日から逆算してみましょう!


まとめ

グローバル人材の雇用はこれからも増えていくと予想されます。

帰国後の就職を支援する合同説明会なども開催しているようなので常にチェックしておきましょう!


Design Plusではオーストラリア国内の留学相談、語学学校選びなど全て無料でお手伝いさせて頂いています。

お気軽にお問い合わせください。


voicec02

【この記事を書いた人】

シドニー滞在中のMayuです。
セブ島留学→オーストラリアワーホリという感じで日本を飛び出してそろそろ2年が経ちます。
最近ハマっていることはショートトリップです。短い休みでも常に旅行の計画を立てています:)
オーストラリア、旅行好きの皆さんと情報をシェアできたら嬉しいです。

The following two tabs change content below.
DesignPlus

DesignPlus

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ