年末年始の過ごし方 in Sydney

年末年始の過ごし方 in Sydney

こんにちは!Natsukiです!

 

もう12月になり、

街はクリスマスムードで一色です!

どこに行っても、クリスマスソングにクリスマスツリーです!

 

クリスマスが終わるとすぐに年明けになりますが、

皆さんは、もう年末年始の過ごし方はお決まりですか?

この時期は、1年のビックイベントと言う感じがして、

ワクワク、ウキウキしますね!

 

今回は、

そんなワクワク ウキウキ満載な

「年末年始の過ごし方」について

お話ししていこうと思います!

オーストラリアのクリスマス

11月入った頃から、

大きなクリスマスツリーが街中に出現し

プロジェクトマッピングやイルミネーションで建物はキラキラに!

クリスマス仕様に家をデコレーションしたりなど

街中はクリスマスモードに包まれます!

 

12月の頭から12月25日まで、

セントメアリー大聖堂では

綺麗なプロジェクトマッピングが鑑賞できます!

 

オーストラリアのクリスマスは真夏で、

寒くなく、むしろ暑いので、

年末年始と言う感じがしないと思います。

 

ですが、日本での年末年始とは、ちょっと違った

オーストラリアでしか体験できない年末年始

過ごすことができます。

 

日本でのクリスマスは、

多くの人が恋人と過ごしたり、

“ホワイトクリスマス”のような寒い気候のクリスマスを

思い描くかと思います。

(私の偏見かもしれませんが・・・)

 

ですが、オーストラリアでのクリスマスは

多くのオージーが家族とのんびり過ごし、

暑い気候でのクリスマスです。

なので、

多くの人がビーチでBBQをしたり海水浴を楽しんでいます。

 

キリスト教徒の多いオーストラリアでは、

クリスマス・イヴはイエス・キリストの生誕を祝い、

家族や親戚との時間を過ごす大切な日です。

 

クリスマス当日は、

ほとんどのスーパーやお店が閉まるので、

食料など必要なものは買いだめしておくことをおすすめします。

 

大手スーパーのWoolworthやColesでさえも

お店を閉めるので、

事前に必要な物を買い忘れていないか確認しておくと

良いでしょう!

 

 

 

「12月26日=ボクシングデー」

クリスマス25日の翌日の一大イベント

「ボクシングデー」!

 

12月26日は祝日でボクシングデーと呼ばれ、

1年に1度の大バーゲンの日です!

ボクシングデーについてもっと知りたい方はこちらを!

ボクシングデーについてをまとめた記事です。

「ボクシングデー」って何??

 

早いところだと、

朝の7時からオープンしているところもあります。

普段のオーストラリアのお店では

考えられないですね。

7時にお店がオープンするなんて!

 

この日は、

朝早く起きて、はりきってデパートに出掛ける人を

多く見かけます。

街は多くの人でごった返します。

日本で言うなら、

街が福袋買う人達で賑わうような感じです。

お昼頃になると、

すごく多くの人でごった返すので、

少しでも人が少ない時に買い物したいという方は、

朝早くにお店がオープンすると共に買い物することを

おすすめします。

それでも、たくさんの人はいますが・・・。

 

 

 

オーストラリアの大晦日

1年の締めくくり12月31日。

 

この日は、当然祝日になるかと思われますが、

オーストラリアでは大晦日は祝日ではなく、

平日の扱いになります。

 

勤務時間が短くなったり、休みになるところもありますが、

多くの人がいたって変わらない普通の1日を過ごします。

ただ、オーストラリアのカウントダウンは盛大にやります。

夕方ごろから、

盛大に行われるカウントダウンの花火に合わせて、

ハーバーブリッジやオペラハウスの周辺に人が集まりはじめ、

カウントダウンの花火を見るために

多くの人が場所取りを始めます。

 

街中お祭りムードに包まれ、

友達と集まりパーティしながら花火を待つ人が多く見られます。

 

多くの人は

場所取りの為に夕方5時6時くらいからいます。

でも日中、日が出ている時は

日差しが強いので熱中症などに気を付けてくださいね!

 

 

年が明けるとともに打ち上げられる花火のほかに、

遅くまで起きていることができない子供たちのために、

9時に“ファミリー花火”と言うものがあります!

なので、お子様がいる方も花火を楽しむことができます!

 

ダーリングハーバーやオペラハウスの近くで花火を見るのも良いですが、

今年はちょっと違った見方をしたいという方は、

クルーズから優雅に花火鑑賞などもあります。

 

また、私の経験談ですが、

ダーリングハーバー近くに住んでいる友達が招待してくれて、

友達の家から綺麗な花火を見ることができました!

 

このように、

大晦日のカウントダウンの花火を見る方法は

人それぞれですね。

 

カウントダウン花火の時は、

交通規制の影響や多くの人で、電車やバスにも影響がでるので

花火が終わった後、

家に帰るのに普段の倍かかったりすることもあります。

 

 

 

元旦の日

大晦日から日付が変わり、

1月1日、元旦。

 

この日は、前日のお祭り騒ぎが嘘のように

のんびりゆったりとした時間が流れます。

 

元旦という事で、

ほとんどのお店が閉まっているので、

街中は静まりかえります。

 

クリスマス、大晦日で大忙しだった疲れを

元旦のこの日にゆっくりと癒します。

 

多くの人は、

ビーチや公園でピクニックをしたり、

BBQをしたり、

家でゆっくり過ごしたり、と人それぞれです。

 

元旦にビーチでBBQをしていると、

不思議な感覚に陥ります(笑)

でも、日本ではできない経験をできる

真夏の年末年始はワクワクウキウキです。

 

 

 

いかがでしたか?

年末年始の過ごし方 in シドニーを

紹介していきました。

 

年末年始は、

お店の営業時間や、

バス・電車の運行時間が普段と異なるところもあるので、

事前に調べて行動することをおすすめします!

 

そして、

まだ年末年始の予定が決まっていない方は

これを参考にしてみてはいかがですか?

もう予定がすでに決まっているという方は、

良い年末年始を過ごせますように!

voicec02
この記事を書いた人
オーストラリア滞在中のNatsukiです。高校卒業後、オーストラリアの大学に進学する為に、2016年に渡豪し、現在大学で勉強しています。趣味はバスケと海外旅行で、アクティブに行動することが好きです!自分の経験を活かして、少しでも読者のお役に立てる情報をシェアしていきたいと思います!

The following two tabs change content below.
DesignPlus

DesignPlus

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ