オーストラリアでの友達の作り方

オーストラリアでの友達の作り方

こんにちは!O.Hです。

オーストラリアに来る多くの留学生やワーキングホリデーの人が、日本にいる家族や友人と離れて一人でこの地にやってきます。最初は期待もあれば不安もたくさんあると思います。この記事では、そんな方のために、どのような場所で海外の友人、日本の友人、オージーに出会えるのか、どのようにしてオーストラリアで交友関係を広げていけばよいのかについて、私の体験も交えながら書いていきたいと思います。

「友達の作り方」というとなんだか子供みたいな響きですが、見知らぬ土地で生活をしていくには、周りの協力は不可欠です。また、気が合う友人に巡りあえるかどうかは、海外生活の充実度や楽しさにも深く関わってきますよね。

私自身、渡豪当初はかなり孤独な経験をし、自分の居場所を見つけるのに時間がかかりました。それは、英語を伸ばしたいという思いが強すぎて、自分の中で「日本人とはあまり話さないようにする」というルールを決めていたからです。英語を伸ばすために日本語を話す機会を減らさなければいけない、そのためには日本人とは仲良くならないほうがよいと考えていました。したがって、シェアハウスにいた日本人ともほぼ会話をせず、なるべく避けようとしていました。

しかし当初は、自分の英語があまりにも拙く、ひとりで電車のチケット(チャージ式のカード)を買うことすらできませんでした。(いくつかのオプションがあったのですが、店員さんの説明がまったく理解できませんでした。)最初の数週間はどこに行くにもこのようなことの繰り返しで、外食でレストランに行くのはおろか、マクドナルドなどのファーストフード店に行くのも憂鬱でした。そんな状況だったので、外国人の友達を作るのもなかなか上手くいかず、最初の数週間は孤独な日々を送っていました。

そんな私がその後どのようにして友達を作り、オーストラリア生活を充実させていったのか、自身の経験をもとにしながら、今後オーストラリアへ留学やワーキングホリデーで来られる方のために、「友達づくり」の方法について書いていきたいと思います。

 

 

1)学校へ通う

学生ビザの方は当然学校に通うことになりますが、ワーキングホリデーの方は個人の選択になるので、学校に行く人もいれば、行かない人もいます。しかし個人的には、友達つくりのために数ヶ月だけ語学学校に通うという手はありだと思います。

語学学校に行くと、自分で交友関係を広げる努力をしなくても、クラスには大勢の仲間がいます。もちろん日本人だけでなく、他のアジア圏の人や、ヨーロッパ人、南米の人など、様々な国から来た人に出会うことができます。また、語学学校では英語のレベルによってクラス分けされるので、クラスのみんなは自分と同じ程度の英語が話せるということになります。特に背伸びをしたり緊張したりせず、同じ目線で話せる仲間ができるので、仲良くなりやすく、学校で出会った友達の存在は心強いと思います。当然、英語の授業を受けて英語の上達にもつながるので、一石二鳥ですね。

2)職場で出会う

渡豪してこちらの生活に慣れてくると、仕事を始める方がほとんどかと思います。シドニーやメルボルンなどの都会では、レストランなどの飲食関係でアルバイトをする人が多いと思いますが、どのような職場にしろ、一緒に働くスタッフとの仲は深まること間違いなしです。働いていて大変なことも嬉しいことも共有し、理解しあえるので、その分とても仲良くなりやすいと思います。特に最初の頃は日本食レストランなどの日系の職場で働く人が多いかと思いますが、海外で暮らす上で、同じ母国からきた友人と出会うのもとても素敵なことだと個人的には思います。やはり外国人とは第二言語の英語で話すので、完璧には理解しあえず、ストレスに感じることもあります。そんなときに同じ言葉を話す日本の友人がいることは心の支えになることでしょう。

3)シェアハウスに住む

個人的にとてもおすすめの人脈つくりの方法は、シェアハウスに住むことです。特にシェアハウスに住むことで、海外の友人とたくさん出会うことができます。私は渡豪当初から、シェアハウスは必ず多国籍なところを選ぶようにしています。(理想は日本人が一人もいないシェアハウスです。)なぜなら、学校や職場は自分の英語のレベルが伴っていないと理想のところに属することはできません。たとえば学校では、自分の英語力が低ければ下のクラスに入ることになり、クラスにも多くの日本人やアジア人がいます。職場も英語が話せなければ日本食レストラン以外の選択肢を選ぶことは難しく、日本人と一緒に働くことになります。しかし、シェアハウスはどんなに英語力が低くても、自分で選ぶことができます。したがって、私はシェアハウスを探すときには必ず国籍比率を確認し、英語上達のためにも、ヨーロッパ人やオージーがいる家に住むようにしていました。
やはり日本人と住む方が文化も理解しあえるのでトラブルは少ないかもしれませんが、せっかくの海外生活なので、外国人と一緒に住んでみるのを私はおススメしたいです。

4)Meet upに参加する
Meet upは、「オンライン上でイベントの参加者を募集し、実際に参加したい人が集まってそのイベントを開催する」というような仕組みになっています。たとえば、「〇月〇日の18時から○○レストランで飲み会をします!国籍自由、年齢自由」などの募集があり、そこに参加したければ行く、というとてもシンプルなシステムです。(イベントによっては出席の旨を事前に伝えなければいけない場合もあります)
中には、日本語を話したい外国人と、英語を話したい日本人の交流、言語交換目的のMeet upなんかもありますので、英語を話す外国人の友達を作りたい場合にはもってこいのイベントです。他にも、「みんなで日曜の朝に公園でヨガをする」や、「○○料理をつくってみよう」など、いろんなイベントがあります。ぜひ興味のある方は、インターネット上でご自身のエリアで行われているMeet upイベントをチェックして、積極的に参加してみてくださいね。

他にも日常生活の中の様々なタイミングでいろんな人に出会うことができます。オーストラリアは日本よりももっとフレンドリーで気さくな文化なので、自分次第でどんどん交友関係を広げていくことができます。
上記にあげた4つはとても代表的なものですが、だからこそ誰にでもすぐに始められる友達づくりの方法です。ぜひ、オーストラリアでは、オージー、外国人、日本人問わずいろんな人と出会い、楽しい海外生活を送っていただければと思います!

voicec02この記事を書いた人

オーストラリア滞在中のO.Hです!大学卒業後、約3年間の社会人経験を経て2016年に海外渡航。フィリピンへ3ヶ月留学した後、ワーキングホリデービザで渡豪。現在は学生ビザで滞在中。趣味は海外旅行で旅した国は約20ヵ国。自身の海外生活を通して感じたことや得た知識をもとに、実際に体験しないとわからないような、読者のためになる情報をどんどん発信していきたいと思います!

The following two tabs change content below.
山本 尚子

山本 尚子

Design Plusは、必要なサービスと不必要なサービスが明確であることが魅力です。携帯電話のプランをご覧になっていただければわかるように、無駄な手数料を一切いただいておりません。それは留学プランでも同様です。どんなバックグランドの方でも生まれ育った国から飛び出すことにはそれなりのご決断やいろんなお気持ちがあるかと思います。お客様のそういった部分に耳を傾け、英語力向上や資格取得が目標のお客様には一番ベストな道筋を、または、目的がはっきり決まっていないお客様には“目標がないから目標をみつけること”が目標の留学になるよう、一緒に目標を作るようなカウンセリングを心掛けております。
お問い合わせ